【書評】ゼロ--なにもない自分に小さなイチを足していく(作 ホリエモン)


上記の本をkindleで買い、7割型読んだところなのですが
壮大な人生を送っている堀江さんに敬礼の念でいっぱいです。
(全部読んでから何かを書き足すかもしれません)

書きたいことはいっぱいあるのですが、何分眠たいので簡単な記事になってしまいますが

今彼がどういうふうに活動しているかを詳しくしらないのでなんともいえないのですが
流石 アマゾンでベストセラー1位になったことがある作品だなと思いました。

やっぱり仕事というのは、我慢した対価としてお金をもらうことじゃないんですよね。

自分も今年の誕生日までに 何が何でも コンビニ深夜勤務を辞め、作家として活動が実っているか
もう少しまともな地位にたっていられるよう これから毎日の 時間というお金を大事にしたいなと そういう気持ちにさせてくれる本でした。

10人に1人ぐらいはこの本の内容を毛嫌いするかもしれませんが、
是非 堀江さんがどんな生き方をしてきたか、
あなた自身のこれまでの人生と照らし合わせながら
今後の人生の一歩に慣ればなと思います。








それにしても、Kindleって本当便利
ipad air2で読んでるのですが 小説系であれば、難はあるけど自動朗読モードもあるし
目と耳と二重で効率よく本を理解できるんじゃないかなって思います。

余裕があれば、kindleの自動朗読の手順をいつかの記事でお教えしたいと思います。
[2015/04/28 21:36] | レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
トコノクボ-とある絵描きの半生記-【kindle版】を読んで元気づけられた
ふとAmazonを見ていたら、高評価のkindle本が目に入り、ipad air2をもってるから初めての購入
挫折している自分に元気づけてくれる内容となってました。





以下Amazonにも書いたレビューです、
個人的なことを書きすぎていて時期削除されるかもしれませんが
一応レビューとして反映されたものを丸々コピーです。

この本は本当、どんな逆境もポジティブに生きて夢を貫く人の物語なんだなと思いました。

本編と関係ない自分の逆境の話になりますが、良かったら読んでいって下さい。
自分は、生まれつきとある先天性疾患を持っていて
その疾患の特徴の1つのとある苦手なことを関西の人気バラエティー番組に出て
仮染めながら克服することに一応成功して、密かに小説の知名度もアップするかな?なんて思っていたのですが
この人と同じで、本当人生は簡単にうまくいきませんでした
結局、応援メッセージ数通がきただけで、ネットでの誹謗中傷、またそのバラエティー番組の方も視聴者受けはよかったものの
2度めの出演はまず無い! とのことでした。
テレビに出たことを後悔する日々が続く中、リアルは愚かネットでの友人関係もうまくいかないまま
ぼっち人生になり、1年数ヶ月前、良きメンタルパートナーが出来たと思ったのですが
モラハラ傾向があり、話し合いもろくにできず、喧嘩別れ、そして、その人の病気持ちの犬を預かっているのですが
喧嘩別れしても病院代エサ代払うとは言ってない! としらをきられたのが数日前で
挫折真っ最中の自分ですが、9件の高評価のレビューで突発的に買いたくなり
今の私を励ましてくれるのではないかと思いました。

結果はもちろん、本当に、この人の人生は過酷で、他人の尻拭いもしながらも必死に生きてイラストレーターとして活躍されたという内容でした。

今何が出来るのかなど真剣に向き合い、ポジティブに今の逆境を乗り越えようと強く思えました。

この本に書いてある言葉ではありませんが
神様は乗り越えれる試練を与えてくれる。 乗り越えられるから今の逆境があるんだと。

長文になってしまいましたが、 この本を手に取るキッカケになればなと思います。
[2015/04/13 13:48] | レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |