(パズドラ、黒猫ウィズ等の)アプリ課金その前に、いつまでやるの?そのアプリ
それは、突然のことだった。

半分引退中のとあるブラウザゲームにログインボーナスをもらいに行ったつもりだったのだが
更新情報があると歓び勇んだのもつかの間

更新情報のタイトル文字を半分読み終え、更新情報の内容を理解する間もなく僕は絶望に打ちひしがれた。

そこに書いてあった文字は

6月21日 〇〇サービス終了のお知らせ。
5月4日 [お詫び]ネットワーク障害について

※〇〇はブラウザゲームのタイトルです。5月4日は、特に今回の記事と関係ありません。

え? あっ? サービス終了!?

突然のことで、財布を落としたり、パチンコで大負けしたり

ペットを失ったり、友達と縁が切れたり……。 みたいな 負の感情に似たものが僕の思考を支配した。


しかし、全く予期していなかったことではない。

もし友人との会話でその話題を話すことがあれば、
※〇〇はそのサービス終了となったブラウザゲームのタイトルです。
友人『〇〇ってさ、そろそろサービス終了しちゃうんじゃない?』
自分『あー、ありえるかもね』
みたいに話していたぐらいのこと、あるいは、
自分がそのことを話し
友人が僕の返事と全く同じものをしていたかもしれない。
自分『〇〇ってさ、そろそろサービス終了しちゃうんじゃない?』
友人『あー、ありえるかもね』

それぐらい予期できるような状態だったのだ。

何故かというと、今年のバレンタインデーイベント後の約1週間経ったころ
次回のイベントのキラーカード(イベント取得Pが2倍)の発売はされるものの、次のイベントと思われるのホワイトデーイベントがいつになっても
開催されず、更新情報は、2ヶ月近く何も書かれなかったのだ。

そして、イベントキラーカードとは全く関係ないイベントが2か月半後、行われた。

そのイベントも少しどうかしていた。

クエスト進行中の際、ありえないぐらい低確率で4択のクイズが出題され正解すると1pt?もらえるというもの。

それを100pt集めるのがイベント最終報酬なのだが

イベント期間中1日2~3回やるもののクイズの内容が若干難しいのもあり、2回に1回正解していたのだが、結果10pt集めるのがやっとだったぐらい低確率だった。

=クイズに遭遇したのは20~30回程度だったのだ。

当然、達成報酬は、一番下の物しか貰えず苦い思いをした。

と、そのブラウザゲームの愚痴になっているが つまりは、バランス調整のなってないてんでだめなイベントだった訳だ。
運営は何考えてるんだ! レベルなぐらいに


イベント後、再び更新が途切れ1か月半が経とうとしていた今日、サービス終了のお知らせがあったわけだ。

と、文句を書いているうちにそんな駄目ゲー終了して当然だという気持ちがこみ上げる中

そういうことが書きたかったわけではないので本題に戻ります。

文句を書いたことで気持ちの整理も出来ましたが。

カード育成や図鑑埋めのため、または、イベント&通常クエストで結構な時間プレイしたと思います。

それがパーになる、何も残らなくなってしまう という事態に局面しているわけです。

もちろん、このゲーム以外にも過去にやったゲームでいつかは終わっちゃうのかな?と思いつつ

数か月から数年やっていたグリーやモバゲーのゲームはあります。

しかし、それらは自己都合でやらなくなったので今回のように後悔はありません。


パズドラ、黒猫ウィズ、ドラポ等は、まだまだユーザーがついてるので少なくとも10年ぐらいは安泰だとは思いますが
いつか終わりが来るということを課金してまで楽しんでいる方には頭の隅に置いておいてもらいたいのです。

当ブログ記事にもしていましたが、約1万円課金した黒猫ウィズも自分は引退する形となりました。

なぜ辞めたかというと、モンスターにスキルがついて間もないころ、そこそこいいデッキでそれなりの正解率だったのですが

それでも苦戦するようになり、難易度についていけなくなり引退する形となりました。
約1万円の課金は本当に惜しいことをした気がします。

クイズの4択自体は楽しいんですがね……。

簡単な問題でも難しい問題でも、マニアックな問題でも正解すると嬉しいというかモチベーションアップにつながりますし。

話が脱線しているうえにさらに脱線してしまいますが、勉強でやる気がでない場合

簡単な算数や国語の問題をやるとやる気が出るそうです。 (テストの花道より)

どういうことかというと 簡単な問題でも 正解することで 自分はやればできるんだとモチベーションにつながり

よし、本題の勉強(今習っている所)やろう! みたいな気持ちに切り替えれたり、そっちにやる気をつなげることができるそうです。


ではでは、話を戻しまして

アプリやPCのオンラインゲームを適度に楽しむのは息抜きになり良い事だと思いますが
それらにガッツリハマるというのはあまりよろしくないことだということを頭の隅に置いておいてほしいのです。

とはいえそれらに例外はあります。

たとえば、とあるネットゲームをかなりやっている人がいるが その人はゲーム製作者関係の人で
シナリオやスキル、敵の強さのバランス等を考えながらやっていて、自分の仕事に活かせるいる という人がいた場合
むしろどんどんやってください。(目の休憩と日光浴と睡眠には気をつけて)と言います。

そもそも、ゲームというのは、誰かが作ったものに反応しているってことなんですよね。

理想なのは、自分が反応するのではなく、自分が携わった企画・モノ(イベント、ゲーム、作品(音楽・小説・絵・他))に相手を反応させるということなのです。

飲み会に誘われたから行こうというのではなく 飲み会を主催しよう みたいな感じです。

とま、人を反応させるというのは成功の上で大事です。

もちろん、敵情視察やイベント視察、今後の参考にという意味での参加や、交流というのは悪くないです。
ただ、どうせなら自分で作品を生み出し、誰かを反応させる、感動させるというのは大事だと思うんですよね。

つまり、黒猫ウィズやドラポ、パズドラ等にどっぷりはまっている人は、見事製作者に対して反応しているというわけですね。

というわけで息抜きはほどほどに、 そして、 無理やりな終わらせ方になってしまいますが
いつか終わりが来るということ、あるいはひょんなきっかけでやめる日が来るかもしれないということを頭の隅において

今後も適度にアプリゲームを楽しんでもらいつつ、自分の本当にやりたいことをしていってもらえたら幸いです。

だって、 よっしゃ、200レベル達成! や SSカードゲット! という話題なんてやっている人だけしか自慢出来ないじゃないですか。

逆に、 パズドラというアプリを作って大ヒットしてるんだよ! という風な製作者観点だったら誰にでも自慢できますよね、仕事や収入にもつながっていますでしょうし

何はともあれ、 アプリやネトゲにのめり過ぎない事、人を反応させること それを頭の隅において今後の人生を楽しんで行ってくださいね。

あなたの人生悔いの無いように!
[2014/06/21 06:23] | ためになる記事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |