息子、娘がひきこもりや不登校で困っている方へ @家族ゲームの影響を受けて
大人気?ドラマの家族ゲームの影響でとある記事を書こうと思いました。

※最終回前は相当心鬱になる内容でしたが最終回は、まぁ 合格といった面白さでした。
だからこそ 一応感謝と訴えをこめて当記事をかいています。


それは、家庭教師役が諸悪の根源の吉本荒野の母親に一言いうシーンに影響されたものでした。


このブログを読んでない人にも 是非伝えてほしい文章です。
不登校で悩んでる人がいたら伝えてほしい、とことん挫折して 
間違いに気づいて 息子、娘を厚生してやれと!
ひきこもりの保護者が間違いを間違いと思ってないから息子、娘は不登校やひきこもりから抜け出せないんだよ!

※といいたいところですがぐだぐだな文章になってしまいました。
前半は良いことをいっていますが、某企業家母の裏の顔の部分が支離滅裂になってしまい申し訳ないです。


そこを一言で言うなら生まれながらの悪人はいない ということになります。

家族ゲームで諸悪の根源の人物も 最初から悪人な訳がないんです。

もし 人が産まれた時から悪人だとしたら 小学校や中学校時点で排除されることがあるかもしれません。

人というのは、最初から 何かの原石である。
しかし、原石というのは、磨いてから原石から何かに初めてなれる。
その磨くという行動が 人と触れ合い 喜んだり悲しんだり傷ついたり 傷つけたりすること、そして挫折も成功もそれに含まれる。

しかし、適当に磨けば宝石になれるという訳でもない
時々、磨くとは真逆のことになってしまい、原石がもうただの石ころ以下になることだってある。

そんなただの石ころ以下というのが
今回はとりあえず、異常犯罪者とか詐欺師とかということにしておこう。

でも人を騙すことの全てが悪い訳ではないですからね
逆に、訪問販売に騙されてちょっと強くなった小野家がありますよ。


そして、話がだんだん脱線してきているが、その原石が
ただの石ころ以下や、著しく脆い危機的状況に陥る原因がある。


それはズバリ、家庭環境だ!
つまり、両親や保護者である。

両親や保護者がしっかりしていないとどうなるか
実際にコンタクトをとったことのある

某企業家母のちょっと異様な行動について述べさせてもらう。


その人と知り合ったのは、私が職業訓練に通い
講義という約2時間の授業で話がとても面白かったです。という手紙を
渡したことである。

それにより、なんかものすごく喜ばれ
その人の息子さんのブログも教えてもらった。

しかし、その息子さんは、余り良い家庭環境じゃないことを知った。

その息子さんは、中学時代親友と思っていた友人に裏切られ
それから学校に行かなくなったという。
いわば不登校だ。 
確かに親友候補に裏切られるというのは辛いですよね。
自分も裏切られた経験があります。

でも、裏切られただけで不登校ってどうなんでしょ?
※別にその息子さんを攻めている訳ではない。

私が矛先を向けたいのは母親の方である。
母親が少し異様な過保護というのを 私は約2週間程して知ることになった。

因みにその母親さんと何かですれ違いがおきて 一方的に関係をきられたのだが
口論後の母親の異様な行動に 何故この人は企業家になれたんだ?とさえ思う結果になった。


何をされたか、話ことなく私とのコンタクトを切り
別にそこまでは良かったのだが、
なんと 職業訓練所の講師に生徒の○○に迷惑かけられたと講義の電話をしてきた。事情を話すと訓練校の校長は、相手が全部悪いと理解してくれた。

それとは別に息子さんが小説をブログで書いていたので
先輩としてこういう風に描けばいいよというのを書きこんでいたのだが
息子さんが 恐らく私の書き込みをチェックする前に その書き込みを削除。更には勝手にコメント禁止状態にさせられる。
私のコメントは削除しても私のコメントにたいする息子の書き込みは削除していないという中途半端な削除だった。

息子はブログをやっているのにメールアドレスももっていないらしい16歳ぐらいだったかなぁ
携帯ももたされてないpcのメールアドレスももっていない
どんだけ過干渉しているんだろう。

これは、軟禁状態ですよね。
いつか、その企業家は、息子に殺される日が来るんじゃないかとさえ思いました。

本当大事なのは家庭環境ですよ、

きっと仕事が忙しいからかまってあげられなかった
息子に向き合えなかったんでしょうなぁ…。

そして、イジメをするような子も
実は被害者、その家庭環境が悪かったんでしょう
ストレスを誰かにぶつけたいからいじめた。

言いたいことは、家庭環境さえしっかりしていれば
不登校やいじめは殆ど起きないということです。

兄弟によってトラウマを植え付けられた などがあっても
その兄弟をそんなにした両親や保護者が悪いということです。

子供を育てるって本当大変なんだなぁって 思います。


因みにうちの母親は、悪い人じゃありませんが、凄く良い母親とまではいきません。
でも それには理由があり 母子家庭だから仕方ないんですよね。
仕事が手一杯で 息子である僕の干渉が殆ど出来てなくて

自分がちょっと病気になっちゃったみたいな。
でも 自分だってうぬぼれていません。
親には感謝しても足りないですし
飯食べさせてもらっている分 後は 自分もこれでもかってほど恩返しをする番ですからね。

うちの父親がしっかりしていれば うちの母は日本一の良い母になれたんだろうなぁとか思います。

長々とお付き合いありがとうございました。




追伸
家族ゲーム今回もへこまされるんだろうとビクビクしながら見ようとしてましたが
想像を裏切り面白かったです 出演者の方お疲れ様です。
ツイッターでぐちぐちいってごめんなさい。

でも すべてを納得した訳ではないです ご了承ください。
でも最後のシーン良かったかなぁ… 涙はでなかったけど感動した。
[2013/06/20 16:48] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<仕事前に挫折 @人が嫌いになれないが故に心が苦しい | ホーム | 06/19のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/115-52e51b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |