親のありがたみについて  それが故に君が好きで
今日もというよりは 今日は原稿が一歩前進しました。 あと少しで完成かな……というところだと思います。

今回は、 それが故に君が好きで を読んでる人じゃないと分からないネタですが

本編にて  交通事故にあったクラスメートの両親から 事故から約1ヶ月経って
急に 謝罪され、手を合わせにきてほしいと言われるまでのきっかけのシーンを書いてました。

っと 今日は代理勤務を頼まれてて 10時から朝まで仕事なので 仮眠とってきます。

でま たいとるどおり親のありがたみを痛感するシーンをかいて
原作者の自分ですら ちょっと泣きそうになりました。

いろんな人に感謝してこれからもいきていくんだろうなと思います。 走り書きですいませんでした。

2月ごろに それが故に君が好きで 完全版 kindleにて発売予定です。 追加シナリオや刹那君視点の物語の裏側をお楽しみください。
[2013/12/26 20:07] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<疲れのせいだと思いたい | ホーム | 自分もいつか世界に羽ばたけますように>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/215-5aa12ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |