夢を見るのは自由
確か今日と明日が前言ってた行きたかったイベントの日だったかな

家に帰ると、ナイトスクープのスタッフさんがいて、さぁ今から東京にいきましょうみたいな感じだったら本当に幸せなのにな。

やれることをやってみようってのはダメ元でナイトスクープに依頼をしたってことなんです。

とは言え正直番組で行みる行動力と私が出演したときの行動力って天と地の差があったんですよね。

目を見て専門学校の親友に謝りたいという依頼その人は鹿児島に住んでるそんな簡単なあまりお金のかからない依頼でさえ対応してくれませんでした。

話が少し脱線しましたが家に帰ったらナイトスクープスタッフが‥との件

なんでそう思ったかと言うと
そのために今、連続深夜勤務をしているてオチだったらいいのに。

夢を見るのは自由だし想像するのも自由。

その想像に理由や口実や辻褄が合えば想像はリアルにできる。

本当に万が一の可能性でしかないことを想像して少し嬉しいなと思う反面おそらくそうならないだろうなと言う現実に少し寂しく感じてます。

少しワクワクはしてるんですかね。

とは言えそのイベント会場に行ったとしても別に私が特別扱いされるわけではないだろうし、お金がほしいそしてイベントに参加したかったなぁ‥。

そのイベントに関係あるとあるものを作るかコミッションするかしたかったな。


アドラーの心理学では劣等感を力に変えることが可能だそうです。

だからがんばります!

願わくば探偵ナイトスクープにもう一度採用されてあの依頼(人の目を見て話せない24歳)の続編ができますように




[2015/01/10 04:10] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<RTしてもらえてちょっと感激 @石田靖さんとツイッターでお話 (出演交渉 | ホーム | 少し寂しいことですが祖母がなくなりました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/272-7581552c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |