【書評】ゼロ--なにもない自分に小さなイチを足していく(作 ホリエモン)


上記の本をkindleで買い、7割型読んだところなのですが
壮大な人生を送っている堀江さんに敬礼の念でいっぱいです。
(全部読んでから何かを書き足すかもしれません)

書きたいことはいっぱいあるのですが、何分眠たいので簡単な記事になってしまいますが

今彼がどういうふうに活動しているかを詳しくしらないのでなんともいえないのですが
流石 アマゾンでベストセラー1位になったことがある作品だなと思いました。

やっぱり仕事というのは、我慢した対価としてお金をもらうことじゃないんですよね。

自分も今年の誕生日までに 何が何でも コンビニ深夜勤務を辞め、作家として活動が実っているか
もう少しまともな地位にたっていられるよう これから毎日の 時間というお金を大事にしたいなと そういう気持ちにさせてくれる本でした。

10人に1人ぐらいはこの本の内容を毛嫌いするかもしれませんが、
是非 堀江さんがどんな生き方をしてきたか、
あなた自身のこれまでの人生と照らし合わせながら
今後の人生の一歩に慣ればなと思います。








それにしても、Kindleって本当便利
ipad air2で読んでるのですが 小説系であれば、難はあるけど自動朗読モードもあるし
目と耳と二重で効率よく本を理解できるんじゃないかなって思います。

余裕があれば、kindleの自動朗読の手順をいつかの記事でお教えしたいと思います。
[2015/04/28 21:36] | レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<04/28のツイートまとめ | ホーム | ナポレオンヒルプログラム 勧誘がしつこいので注意!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/316-7c5e0600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |