【小説付】未来をヴィジョンしよう。  未来を想像して未来の為に今のやる気を
オリジナル自己啓発タグですが あまりいい啓発記事にならないかもしれませんが、気ままに付き合ってもらえたら幸いです。

皆さんはヴィジョンボードをご存知ですか?

普通の画鋲とかを使って写真とかを貼ったりするコルクボードなどのことなのですが(画鋲の代わりにセロテープを使いコルクボードではなく黒板でも白板でも大丈夫です)

どんなものかというと、自分が未来に手に入れたい、未来に手に入れているものの写真やイメージ絵をそこに貼り、定期的に想像している自分を見る、その未来を近づける、モチベーションを上げる みたいな感じです。

定期的にそれを見ながら想像するという行動が、とっても大事なわけです。


静かな環境、或いは落ち着ける環境で、横になるか、椅子に座って目を閉じて瞑想しましょう。

未来の困った自分を想像するより楽しんでいる未来を想像するほうがきっと楽しいし何より未来の為にもなるでしょう。



そんなこんなで自分の未来のヴィジョンを簡単に想像してみます。

動物嫌いではなければ、皆様は自分のことのように想像して楽しんでくださいね。
※本文は、男性女性問わない想像の仕方をしているのでご安心下さい。



家は大都会の高層マンション、窓から見える景色からしてここは何階なのだろう15階ぐらいだろうか?
今日も仕事に行き交う人は、米粒ぐらいの大きさに見えただなんとなく眺めていると
数匹の犬が、暇を持て余している主人に対してかまって欲しいと媚びてくる。

数匹の犬と、窓からの景色を交互に眺めていると最愛の人、つまり私のパートナーが微笑みながら、犬達を呼ぶ
その声に導かれるように、パートナーの所に群がる。

何故そっちに行った? と疑問に思ったが ドッグフードを持っており、それを大きな皿に盛り付けようとしていた。

いてもたってもいられない様子もいれば、おとなしくおすわりしている子、そして、私のパートナーが大好きなのか、必死に甘えようとする子、性格はそれぞれだった。

1つの大きな皿のドッグフードを争うことなく食べている犬を見て、ふとパートナーと目が合う。

パートナーに問いかけられる。
『今日の気分はどう?』
その問いかけに
『うん、悪くないかな、じゃぁその子たちお願い、書斎に篭もるよ』
そう言って、書斎に篭ってパソコン画面を見ながらキーボードを叩いて執筆していると、10分ほどしてから、2度書斎のドアをノックする音が聞こえる。
ノックの主は、程よい甘さのカフェオレを配膳してくれたパートナーだった。

パートナーは僕の機嫌を伺い、機嫌に合わせた反応をとってくれる。

筆が順調なら、今書いている内容について聞いてきたり、
筆が順調でも集中しているようだったら、そっとカフェオレを置いて部屋を後にする。

筆の進みが思わしくない時は、エールをくれて、それでもダメなら出かけようかと提案してくれる。

読んで意見がほしいとか、相談に乗って欲しいとか言えば、椅子に座り、あまり遠くない距離で向き合い、話をする。

創作に区切りがついたのか、創作が本調子じゃないのか、結局出かけることになったのだが

無性にマクドナルドで食べたくなった私の提案に笑いながら、『たまにはそういうのも良いわね』と言ってくれる。

そして、注文を待つ間、パートナーは、作品を私に見せてくれる。

それが音楽なのか、イラストなのか、はてまた同じ小説なのか

たとえそれがどんな分野であっても、パートナーには私の表せないものがあり、私はパートナーを凄く尊敬している。

そしてパートナーも私を尊敬してくれていて、そして、夫婦であるがゆえに、対等でもあった。

ファーストフードを食べながら夕飯のことを話すと、パートナーは失笑したが、二人で納得した夕飯メニューが決まることになった。

そして、ほんの少しだけ、カラオケ 或いはゲームセンターで一緒に気晴らしをして、家に戻る。

気晴らしのお陰で執筆は順調だった。 パートナーも家事とペットの世話を済ませてから、別室で創作に打ち込んでいる様子だ。

コーヒーが飲みたくなり台所に行き、電子ケトルにスイッチを入れ、トイレに行く。

約2分経つと電子ケトルは沸騰が完了し、加熱を終了していた。

パートナーと自分にお湯で溶かすカフェオレを煎れてから、パートナーの書斎に行く。

パートナーの創作状況を確認しつつ、ほんの数分カフェオレでまったりしてから自分も書斎に戻る。

書いている小説の主人公とヒロインが笑っている場面を書きながら 自分も笑う。

『幸せだなぁ……』




----------


いかがでしたでしょうか、少しでもリラックスできたら幸いです。
好きな時間に好きなことをして、大事なパートナーがいて、
ゲームセンターやカラオケでちょっと息抜きして
そんな生活ができたら幸せですよね。

未来の幸せのために頑張りましょう!

[2015/07/01 14:07] | オリジナル自己啓発 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<FeBe! 初利用、 夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神 の裏話とは(オーディオブック特典) | ホーム | 何か一つのことだけ頑張ろう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/389-1361eb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |