YouTubeで小さく稼ぐの 第一章を簡単な解説や自己解釈交じりでご紹介
※ 本来は動画原稿でしたが、思った以上にぐだぐだトークになったので
番外編としてブログに原稿をそのまま投稿させていただきます。
YouTube初心者やこの本に興味がある人は是非、読んで下さったら幸いです。

まず、この動画は、MEGWIN こと関根剣さんの
『YouTubeで小さく稼ぐ 再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法 』
での1章(160ページ中61ページ)での情報を元に、共感したことや、こういうことなのかな?という
自己解釈を交えトークさせていただきます。

まず、youtubeに動画投稿のハードルを重く感じないこと
とはいえ 著作権にかかるものを動画に使っていたらそれは広告収入対象外らしいです。

最初の目標は週1動画投稿
面白い誤字脱字のメニューがあればそれを写メって
適当にコメント入れたりするといいのかも?(この一文は私の勝手な解釈でした)
本にのってたのは2枚の写真を使うなら思い切って動画にしてみたら?とのこと
それと、時間帯更新も大事なのかもしれません、
1週間に1本投稿目標であれば、水曜日19時に更新 (少なくともその決めた19時~20時になるまでの間の更新がいいのかな)
そういえば最近、チャンネル登録させていただいた動画は、とあるホラーゲームの
全EDをyoutuber界一早く更新しているとあるチャンネル様でした。
ここはカットしても良くない?という箇所が多少ありましたが、最後まで楽しく見させていただきました。


そしてこれまた共感する事実ですが
youtube視聴&動画投稿者は7割がた男性とのこと
確かに自分のチャンネルも視聴者が7割以上が男性でした。
動画に人が登場する方が伸びが良いのと好かれやすいのもあるそうです。
この本書では、料理の手元だけの動画より料理をする人がうつる動画の方が伸びる傾向にあると書かれてました。

ペット動画は人気があるようですが、ただゴロゴロしているのを投稿するのはダメ。
次のページにのっていた始まりがあって終わりがある動画という言葉を参考に、食事している様子を何分何秒で食べられるかという動画(字幕編集とかカウントアップ編集とかを使って)するのがいいのかもしれません、
後は よくわかりませんが、 猫の爪を切る動画一本じゃ殆ど再生回数は伸びませんが
ブラッシングだったり、食事だったり  いろんな生活シーンをとりだめていくのもありかもしれません。
そういう動画だったら、ペットを飼った気分になるかもしれませんね。(我慢できず思わず無理してペット飼っちゃうという人がいなくなさそうですが)
後は定期的にその同じペットの動画を上げていたら、気になる人がチャンネル登録だったりアクセスだったり
更には、動画のリクエストなんかもくるかもしれませんね。
●ちゃん今日も可愛いね、 もし可能なら ○○で遊ぶ動画をアップしてほしいです! 的な

プラスワン発想でオリジナリティを出す。
自分の特技を生かした動画だったり、とっても貴重な映像だったり 
そういうのは再生回数が伸びるみたいですが、誰でも出来るわけじゃないという壁がありますよね。
そんな時は プラスワン発想  『クッキングウィズドッグ』という動画があるらしいのですが
料理のクオリティがすごかったり解説が分かりやすかったりというのもありますが
この動画の個性は、キッチンに居る犬が料理解説をする ということらしいです。
他にも 『料理+ダンス』もあるんだとか
他にも素敵な例はありますが、長くなるので割愛します。
今更ながら個別にもっと解説してくれ とかがあればいくらでもしますので気兼ねなくいってくださいね。
そんなこんなで そのプラスワンが 一気にアクセスを稼ぐ動画に繋がる可能性もあるとのことでした。

たった一つのこだわりがその動画の個性
服装を毎回同じにするといいとか、そして、スペシャル回でのみ服装のカラーチェンジ
ということで視聴者の目を釘付けにできるそうです。

時事ネタはちょっと前のアップを
この言葉の意味を逆にとっていました、
そもそも時事ネタっていうのは、季節関係のことなんですね、
てっきり、世間のニュースのことかと思っていて
例えば、キンコメの今野さんにエールをおくる動画
あれを1週間ぐらい後に更新すればよかったのか という風に思いながら読み進めようとしたとき
ま逆の意味であることに気づきました。 いやぁ……日本語って難しいですね。
結論を言えば、ハロウィン前後に出した ゆっくりのハロウィンって何?の動画
あれを メグウィンさんの理想で言えば、10月半ばまでに出しておいた方が良い とのことでした。
確かにそうですよね、 その解説動画を見た上で 私も準備頑張ろうとか 私もその日似たようなことしよう とか 思う日がくるかもしれません。


と、他にも基本的なことから、なるほどな と共感する言葉の数々
61ページにて
まとめがのっていたので それをそのまま引用させていただきます。

1 何でもいいから動画をアップする。 そして『週1アップ』を続ける
2 人は人を見たい。顔出しは強い!
3 ペットは最強の被写体
4 『プラスワンの発想』がありきたりの動画をおもしろくする。
5 こだわりは一つだけで十分
6 時事ネタは「ちょっと前」を狙う
7 だらだら撮りはNG。

とまぁ、これが第一章の簡単な内容でした。
本書はこれで61ページまで到達しましたが、160ページまで動画ノウハウの基礎が
てんこ盛りだと思います。 気になった方は是非、中古でも新品でも
Amazonや本屋さんにてどうぞ! 以上、 MEGWIN こと関根剣さんの
YouTubeで小さく稼ぐ 再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法 でした。




Amazon価格が想像以上に値下がりしてない……。
評判の良い本なので新書でどうぞ
[2016/04/12 09:49] | YouTube | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<04/12のツイートまとめ | ホーム | 04/11のツイートまとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://onotakumi205.blog.fc2.com/tb.php/650-4efe7640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |